豊胸手術は注入家のバストアップ手術を受ける人が多くなってきました

切らずにできる

フェザーリフトは皮膚を切らずにリフトアップできます

フェザーリフトとはたるみの気になる部分に医療用の糸を埋め込みリフトアップする方法のことをいいます。フェザーリフトに使われている糸はポリプロピレン製の細い糸で、一般的な外科手術でも使用されている安全性の高い糸です。糸を皮膚の下に埋め込むことでリフトアップ効果があるほか、埋め込まれた糸の周囲にコラーゲンが生成されるので、肌のたるみを解消することができます。フェザーリフトの効果の持続期間は、個人差はありますが4〜5年間は続きます。従来の皮膚を切除して行なうリフトアップは、腫れや痛みが長期間続くデメリットがありましたが、フェザーリフトはダウンタイムが短いので今後リフトアップの主流になっていくかもしれません。

フェザーリフトはいくつかの注意点があります

フェザーリフトは皮膚のたるみを解消するのに効果的な方法ですが、いくつかの注意点があります。皮膚を除去する手術と比べると、フェザーリフトのたるみの解消の効果や持続期間は少ないので、たるみが大きい方は手術をするフェイスリフトをしたほうが効果的なことがあります。フェイスリフトをすることによる皮膚の引きつれを起こすことがありますし、たるみを改善できないこともありますので、技術のしっかりした医師の施術を受けることが大切です。またフェイスリフトに失敗してしまうと、たるみが解消されないだけでなく、顔のバランスが変わってしまうこともありますので、医師選びは慎重にしてください。フェザーリフトは肌のたるみの改善に効果がありますが、慎重に判断することが大切です。