豊胸手術は注入家のバストアップ手術を受ける人が多くなってきました

豊胸手術について

手術を受ける際の注意点について

 豊胸手術には様々な種類がありますが、実際に受けている人が一番多いポピュラーな手術は、人工乳腺バッグ挿入法による豊胸手術です。最近は、脂肪注入法やヒアルロン酸注入法による豊胸手術を受ける人が増えてきましたが、治療効果が一番長く安定的に保たれるのは、人工乳腺バッグ挿入法です。他の方法には、体にかかる負担が軽減されるというメリットがある反面、効果に永続性がないというデメリットもあります。でも、人工乳腺バッグ挿入法を利用した場合は、それこそ死ぬまで豊かな胸を維持し続けることができます。ただし、人工乳腺バッグは患者の体にとって異物ということになりますので、手術を受けた後でマッサージを行わないと、皮膜拘縮を起こしてしまう可能性があります。重い皮膜拘縮を起こしてしまうと、挿入したバッグを摘出せざるをえなくなりますので、術後は医師の指導の元に、きちんとマッサージを励行する必要があります。

人工乳腺バッグ挿入法の種類について

 人工乳腺バッグ挿入法による豊胸手術は、大きく2種類に分けることができます。1つは乳腺下挿入法で、もう1つは大胸筋下挿入法です。簡単に言うと、バッグをどこに挿入するかという違いなのですが、それぞれにメリットとデメリットがあります。大胸筋下挿入法による豊胸手術は、手術時に乳腺を損傷してしまう心配がないため、今後出産する予定がある人に向いている方法だと言われています。また、大胸筋の下にバッグを挿入しますので、痩せ型の体型の人でも皮膚の上からバッグの輪郭が見えてしまう心配がありません。ただし、術後の痛みがひどいというデメリットがあります。一方、乳腺下挿入法は、産後のバストの垂れを解消したいという人に向いています。こちらの方法の方が、術後の痛みや腫れが少ないというメリットがありますが、見た目や触り心地でバッグの挿入がバレてしまいやすいというデメリットがあります。どちらの方法にも一長一短がありますので、医師とよく相談してみることをおすすめします。